読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナシログ

ナナシロのナナシロによるナナシロのためのログ。

初詣で神様以外を詣でてみた

こんばんは。

昨晩彼女の家へ行って、今朝帰ってきたのですが、

SNSとかブログで言わないでね」

と念を押されたので、気を付けようと強く誓っているナナシロです。(言った)

 

突然ですが、僕は年中行事にほぼ興味がないですし、信心深くもありません。

殊、初詣はもっとも縁遠いイベントの一つです。

 

数年前まではなんとなく周りに倣って詣でることが多かったのですが、神頼みするものもないので、次第と足が遠のいていきました。

 

なので、今年も結局初詣へ行っておりませんし、これから駆け込みで行く予定もありません。

 

 

そんな僕が初詣について疑問に思うことがあります。

 

それは、なぜ神様を詣でるのか、です。

 

なぜ、皆揃って神社へ行き、御守りを買ったり、おみくじを引いたり、参拝したりするのでしょうか。

しかも、あえて激混みの中、並んでまで。

 

信心が強く、神様という概念を受け入れている方であれば初詣へ行くのも分かりますが、「初詣行こう~!」と友人や恋人を誘って行く人に限って、普段神様のことなど微塵も考えていない方が多いように思います。

 

それでも行くのは何故なのでしょうか。

 

もしかして、「夢を買っているんだ」と主張して、年末ジャンボ宝くじを買うような感じでしょうかね。

「とりあえず、神様という都合のいい存在になんとなくお願い事をしておけば、何か新年もいい方向へいいことになるんじゃないか」

と、そういう感じなのでしょうか?

 

あるいは、一年の初めとして自身の生活を改めて律するため神様へ誓いを立てている、ということも考えられそうですね。

(僕が元旦に更新した記事でも似たようなことに触れましたが。) 

 

nanashiro1988.hatenablog.com

 
なるほど。

うん。だとしても、そもそも神様を詣でなくても良いのではないでしょうか?

 

いえ、確かに神様って都合が良い存在ですよ?

夢を買いたくて参拝するのも、新年スタートと同時に自身を律するために参拝するのも、良いことだと思います。

そこを否定するつもりは毛頭ございません。

 

ですが、なぜ神様を?

 

…結局、そこが解せないので、僕は初詣をしなくなりました。

 

 

とはいえ、新年にかこつけて自分の生きる道を調律することは、自分の精神衛生上も必要なことだと思います。

やはり、ときどきは立ち止まって自分の歩む道を省みたり、どう進むか計画を立てることを欲することはあると思いますので。

 

だとすれば、例えば、自分の大好きな芸能人などを詣でれば良いのではないでしょうか?

 

追いかけているアイドルがいる、何かとドラマでチェックしている俳優がいる、というのであれば、そういう方を詣でれば良いのではないでしょうか?

 

新年最初の握手会で、アイドルの女の子に今年の抱負を語れば、アイドルの子はもちろん素敵なスマイルで「応援していますね!」と言ってくれると思います。

神頼みより一層霊験あらたかな気がしますがいかがでしょうか。

 

あるいは、もっと身近なものを詣でても良いのではないでしょうか。

 

例えば、愛する者。恋人などのパートナー、あるいは、親や子。

神といった概念ではなく、そういう人たちを詣でるのはいかがでしょうか。

 

詣でるのに特別なことはいりません。

言葉ですらいりません。

 

ただ、心の中でこの先1年間のことを思い浮かべながら、強く胸に刻めば良いと思います。

 

***

私は今年、斯くのように生きていきます。

 

今、あなたの前で、それを誓います。

どうか見守っていてください。

***

 

そう誓えば、どれだけ強い力になるか。

 

そしてお賽銭の代わりに、その愛する者を抱きしめれば良いと思います。

「これまでありがとう。これからもよろしく」

そう表現すれば良いのです。

 

抱きしめて誓う。

これが僕の提案する新しい初詣のスタイルです。

 

なお、僕はというと、冒頭でも言いましたが、彼女を初詣してきました。

初詣で何をお願いしたかは秘密です。

 

なんかいやらしいですね。

 

というわけで、彼女から

SNSとかブログで言わないでね」

と念を押されたため、改めて気を付けようと強く誓うナナシロでした。(また言った)

 

 

 

[追記]

おや…、LINEの通知が鳴りやまないな…。