読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナシログ

ナナシロのナナシロによるナナシロのためのログ。

サンシャイン池崎風に生きれば、みんな幸せになれると思うよ

ふざけた雑記

こんにちは。

 

レミオロメンの『粉雪』の「こな~~ゆき~~♪」の「な」のところで声が裏返るか裏返らないかでその日の喉の調子を判断しているナナシロです。

 

さてみなさん、サンシャイン池崎というお笑い芸人さんをご存知でしょうか?

 

f:id:nanashiro1988:20170107143540j:plain

(引用:ワタナベエンターテインメント公式サイトより)

 

R-1グランプリ2016で復活ステージ3位で決勝まで行き、一躍お茶の間に知られるようになったワタナベエンターテインメント所属のピン芸人です。

 

先日の年越しのときに、バラエティー番組『ダウンタウンガキの使いやあらへんで(通称:ガキ使)』内の一コーナー『絶対に笑ってはいけない 科学博士24時』で、俳優の斎藤工さんが、体を張ってサンシャイン池崎さんのモノマネ「サンシャイン斎藤工」を披露したことで話題になったため、そこで知った方も多いのではないでしょうか。

 

芸風はいたってシンプル、とにかく「イェーーーーイ!!!!」と叫びまくります。

 

「え、それ面白いの?つまらなくない?」とおっしゃる方は是非、彼のネタを見てみてください。

 


R-1グランプリ サンシャイン池崎 ネタ

 

僕はうるさく叫ぶ芸風の芸人さんがあまり好きではないのですが、サンシャイン池崎さんだけは、何故か毎日見ています。

本当に毎日見ています。

なんなら、朝起きてサンシャイン池崎さんのネタを見て、夜寝る前にもサンシャイン池崎さんのネタを見ている感じです。

(そろそろ彼のお笑いライブへ行かないと…、と思っています。)

 

何故ここまで彼のネタ動画を繰り返し見ているのか。

自分でも不思議だったのですが、一つの結論に達しました。

それは、彼が明るいからです。

 

ただ、明るいからです。

 

イェーーーーイ!!!!

 

もしかすると、サンシャイン池崎さんのように生きられれば、我々もこのストレスフルな現代をハッピーに生きられるのではないだろうか、と僕は思いました。

 

なので、多くの人がストレスを感じていそうな状況を、サンシャイン池崎さんならどう乗り切るか、シミュレーションしてみましょう。

 

アークションッ!!!

 

 

ケース①:自己紹介をしなくてはいけないとき

年度末までもうあと少し。

4月から高校や大学などに進学する方、あるいは、新卒で社会人になったり、転職して会社を変わったり…、様々いらっしゃると思います。

 

新しい場所に行き、初めての方々と触れ合うとき、絶対に逃れることのできないイベントがあります。

それは自己紹介です。

 

第一印象はとても大切です。

無難にいこうか、それともちょっと笑わせにいこうか、真面目なことを言うべきか、声のトーンはどうしよう…

突然だけどみんなぁ!!

自己紹介って悩むよね!!

オッケー、分かる、分かる…ア”ア”ァァァァーーーーーー!!!!

 

そう、自己紹介は自己紹介を考える時点で既に始まっているのです。

まずはそれを自覚し、意識的に池崎になりましょう。

最早、悩むという行為が無駄に思えてきます。

 

さて、今日から新しい職場。

まずは豪快に窓ガラスを割って入ってきます。

 

(オケェェー!!!ガシャーンッ!!!)

どもぉぉぉぉーーー!!!!

空前絶後のぉぉぉぉ!!超絶怒涛の新入社員!!!
仕事を愛し、仕事に愛された男ぉぉぉぉ!!!
そう、我こそはぁぁぁぁ!!!

 

たとえこの身が朽ち果てようと、
仕事を求めて命を燃やし
燃えた炎は星となり
見るものすべてをやる気に変える
みんなお待たせ
そう!この俺はぁぁぁぁ!!!

 

身長○○cm、体重○○kg、
長所、明るいところぉぉぉぉ!!!
短所、コミュニケーション能力の欠如ぉぉぉぉ!!!
株式会社○○に舞い降りたキングオブ人見知り、
そう!この俺はぁぁぁぁ!!!

サンシャイーン!!いーけ(ぼごぉッ!!)ざーき…


イェェェーーーーーーーーーーーイ!!!!!!!

 

 

これで初日から仕事をMAXに振ってもらえます。

あなたが池崎であれば、こんなことを気にするべきではないのですが、もし初日から干されて仕事の指示ももらえず、教えてももらえず、「窓際で静かにしていろ」と言われたら、

オーケー!!セルフサービス!!!!

と言い、勝手に仕事を見つけて勝手にやりましょう。

もう誰もあなたについてこれません。

まさに超絶怒涛の新入社員となることでしょう。

 

このように緊張する場面という意味でストレスがかかるシーンはたくさんありますが、やはり一番は人間関係でのストレスなのではないでしょうか。

昨今問題になるのは、いじめやハラスメント。ありますよね。

 

悪態を吐いたり殴ったり蹴ったりといった暴力だけでなく、無視をしたり、LINEのグループ機能を使って嫌なメッセージを送り続けたり、セクハラ、パワハラモラハラ…と、現代は人間関係問題のオンパレードです。

 

 

ケース②:悪口を言われたとき

悪口はいじめの典型的な手段であり、いじめの発端になりやすいものですね。

いじめダメゼッタイ。

というわけで、池崎であるあなたはいじめを見逃しません。

 

いじめっ子たちがあなたに言葉の暴力を浴びせかけてきます。

「きめぇw」「うぜぇw」と、ニヤニヤしながら言ってきます。

 

こんなときあなたが池崎だったなら、いじめっ子たちが自分に対して何かを言ってくるたびに、

渋谷の池崎100人に聞きました!!!

『池崎はキモいですか?』

キモい、キモくない、キモい、キモくない、キモい、キモい、キモい…ハプニング大賞オケェェェェーーーーーーイ!!!!

と言っておきましょう。

悪意のある言葉なんて、池崎の前ではちょっとしたハプニング大賞に過ぎません。

 

そしていじめっ子がひるんだら、次は、

ジャーーースティス!!!!!

と言ってやりましょう。

 

あなたはいじめられっ子ではありません。

池崎です。

いじめという悪を前にして、あなたはジャスティス(正義)なのです。

それを忘れないでください。

 

 

ケース③:殴ったり蹴られたりしたとき

もしかすると、いじめっ子たちはさらに過激に身体的な暴力をおこなってくるかもしません。

 

肩パンをしてきたり、膝蹴りをしてきたり、一方的に痛めつけられて気分が良いわけがありません。

そういうときは、間髪入れずにこう言ってあげましょう。

 

(頭を殴られたら)

ザクッ!!ア”ア”ア”ア”ア”ア”ーーーーーー!!!!

…あれ?(頭から何かを取り出し)

ん?

パクッ(口に入れ)

ピーナッツ!!!!

イェェェーーーーーーーーーーーイ!!!!!!!

 

どの部位を攻撃されても、全てこれで返していれば、

「こいつは痛みをすべてピーナッツに変えるやべぇ奴だ…」

と理解してくれるでしょう。

 

あと、そもそも池崎であれば、父・ガイア池崎から20歳のときに授かった『サンシャインブレイド』を持っているはずです。

ちなみにこれです。

 (サンシャイン池崎さんご本人のTwitterより)

 

サンシャインブレイドを普段から持ち歩いていれば、そもそもいじめられません。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

サンシャイン池崎風に生きれば、本当に誰もがハッピーになれると、僕は心底思っています。

 

ありとあらゆる自分に降りかかるあらゆる災厄を、すべて薙ぎ払い、こう高らかに叫びましょう。

 

イェェェーーーーーーーーーーーイ!!!!!!!

 

あざっした。

なぜ人は地震が起こるたびに、Twitterで「おっぱい揺れた」とつぶやくのか

ふざけた雑記

こんにちは。

 

数分に一度はTwitterを開かないと禁断症状が出て幻覚が見え始めるナナシロです。

見えた幻覚を走り書きしたメモが見つかったのですが、

「黒い毛のかたまり、ぼわぼわの、右のかべ」

と書いてありました。

まっくろくろすけでしょうか。

 

さて、突然ですが皆さん。

地震が起こるたびにTwitterで投稿数が急上昇するワードって何か分かりますか?

 

 

そう。

おっぱいですね。

 

一昨日の晩も地震が起きたことでおっぱいに関するつぶやきが突然増えました。

 

 

各地で何度も震災に見舞われているというのになんと不謹慎な…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、あえて言わせていただきます。

 

おっぱいツイ―ト数の上昇は、不謹慎どころか、天変地異に対する人類なりの対応の結果であると。

 

 

まず見ていただきたいのですが、先に挙げたどのツイートもおっぱいが揺れることを前提としています。

これは、ここで扱われているおっぱいが、女性のおっぱい、中でもとりわけ豊満なおっぱいを想定していることを表しています。

 

ただ「おっぱい揺れた」だけでは芸がないため、Twitterの民たちはあらゆる手、否、おっぱいを使ってボケようと画策します。

その結果、「おっぱい揺れない」と自身のおっぱいが豊満でないことを自虐したツイートを投下するなど、バラエティーに富んだおっぱいツイートが地震の揺れが収まらないうちから始まります。

さらには「自分のおっぱいが揺れたから地震に気付いた」と、自身のおっぱいの豊満さを遠まわしにアピールしている女、の真似をするという高度なツイートを実践している方もいらっしゃいます。

 

おっぱいが豊満なことが前提なので、このように、おっぱいが小さいアピールやおっぱいが豊満すぎるアピールが成り立ちます。

 

では何故、おっぱいが豊満なことが前提なのでしょうか。

 

それは、おっぱいが母性の象徴と言えるからです。

確かに古来から、豊満なおっぱいは母性や繁栄の象徴として絵画などで描かれてきました。

おっぱいは子育てで授乳をする際に活躍する器官です。

おっぱい→母が子に授乳→子孫繁栄

という連想です。

 

これは余談ですが、おっぱいで授乳をおこなったり、性行為でおっぱいを触られたり吸われたりすると、『オキシトシン』という物質が女性の脳内で放出されます。

その結果、おっぱいからよりたくさんの母乳が出るようになります。

 

ですが、この『オキシトシン』はただ母乳の出を良くするためだけの物質ではありません。

オキシトシン』は『幸せホルモン』『愛情ホルモン』などとも呼ばれ、分泌されることでストレスを緩和する効果があります。

なので、おっぱいを愛撫したり吸ったりすることで絶対的な安心感を得られるのは、科学的な根拠があることなのです。

触られたり吸われたりすることで愛を感じられるおっぱいが、母性の象徴足るものであることはこれで分かっていただけたと思います。

 

さらに、Twitterの民たちは地震が起こるたびに、その母性の象徴としてのおっぱいを望んでいるということも。

 

「そのおっぱいと地震に何の因果関係が?」

「結局どういうことなの?」

と思われる方もいるでしょう。

 

どうか逸る気持ちを落ち着かせてください。

おっぱいを触りながら。

 

おっぱいツイート数の上昇は、不謹慎どころか、天変地異に対する人類なりの対応の結果である

と最初に言いましたが、『天変地異に対する人類なりの対応』は、日本神話とも絡むと僕は睨んでおります。

すみませんが、もう少々お付き合いください。

おっぱいを触りながら。

 

 

さて、神話という概念は世界中にありますが、多くの神話で母なる大地の女神『地母神』が描かれてきました。

地母神とは、繁栄や豊穣をもたらす神で、日本神話においてはイザナミがそれに該当します。

 

神話に明るい方であれば、イザナミが国産みをおこなった神であることをご存じでしょう。

国産みとは、そのイザナミが産んだ子たちが今の日本列島を形成しているといういわれですね。

 

イザナミと、その兄であり夫のイザナギは、国産みをおこなったと同時に、すべての神の大元でもあります。


鋭い方は既にお気付きかもしれませんね。

お待たせいたしました。

ここで『天変地異に対する人類なりの対応』に関する僕の仮説を提案させていただきます。

 

僕の考える、地震のたびにTwitterでおっぱいツイートが伸びる現象の理由。

それは、我々Twitterの民が、地母神イザナミへ向けて「おっぱい」とのたまうことで、地震の神を鎮めようとしているのではないか、というものです。

 

古くから地震の多い土地である日本には、『地震の神』という神格(神の役割)も存在します。

『なゐの神』と呼ばれるそれは、実際にどの神様が担当していた神格かは明らかではありませんが、全ての神を生み出した神々の母であるイザナミの子孫であることは間違いがありません。

度重なる天災、とりわけ地震への恐怖に慄いていたTwitterの民たちは、本能からイザナミへの神楽をおこなうようになったのではないでしょうか?

Twitterには動画投稿機能もありますが、動画で歌ったり舞ったりするのではなく、あえて一言、「おっぱい揺れた」と投稿することで、荒ぶる大地を鎮めようとしていたのです。

 

もちろん、だからといって「おっぱい」とつぶやくことを奨励するわけではありません。


「おっぱいなんて下ネタじゃないか」
「おっぱいなんてけしからん」

そうおっしゃる方も多いことは重々わかっております。

ですがあえて言わせてください。

 

この国は、おっぱいツイートが救っていると。

 

 

それではみなさん、ご唱和ください。

 

「おっぱい」

【2017年1月3日施行】ストーカー規制法って何が変わったの?ネットストーカーはどうなる?SNSでの誹謗中傷は?

真面目な雑記

こんにちは。

 

一昨年、僕をストーカーしていた女の子がいて、逆に迎え撃ってやろうと思い、こちらから連絡をとってデートを申し込んだところ、そのデートの帰り際に「サインください」と震える手で手帳とペンを差し出されたナナシロです。

なお、芸能人ではありません。

(ホラーという二ッチな業界でプロの怪談師はしていますが)

 

 

今回はちょっと真面目に書かせていただきます。

 

※記事タイトルを見て、「結局、どうなったの?早く教えて!」となった方は、記事を下の方へスルルルっとスクロールして、『で、どうなるの?』の章から読み始めてください。

 

経緯

さて、『ストーカー行為等の規制等に関する法律』、通称『ストーカー規制法(Wikipedia)』が改正され、昨日、1月3日から施行されましたね。

 

2016年は、あの忌まわしい事件『小金井市女子大生ストーカー刺傷事件(Wikipedia)』が起こりました。

僕もニュースを見て戦慄しました。

僕の周りにも芸能活動をしている人はたくさんいて、刺された女の子と同じように歌を歌っている子もいます。

一生懸命活動しているのに、夢を絶たれたり活動を制限されたり、最悪の場合、命を奪われるかと思うと、悲しいし怒りがこみ上げてきます。

 

小金井市女子大生ストーカー刺傷事件』の犯人は、以前から芸能活動をしている女の子たちにネットストーカーをしていて、警察から呼び出しを受けたこともある人物でした。

事件の前にはSNSで明らかに異常な発言を繰り返しておりますし、これで身の危険を感じないわけがないというレベルでした。

 

ですが、ありえないことに、犯人が実際に事件を起こさないと警察は動けませんでした。

一部の自治体では独自の迷惑防止条例を制定して対応していましたが、結局のところ事件の萌芽がインターネット上にある時点で、法律を改正することが必須でした。

はっきり言ってしまって、この事件は、法律がインターネット文化の発展に追いついていなかったから起こったと言っても過言ではないです。

 

なので、これでようやく法律が少し時代に追いついた、というところでしょうか。

 

そこで今回は何がどう変わり、身を守るためにどういう対応が可能になったのかを、SNSを利用している小学生でも分かるくらい、簡単にまとめさせていただこうと思います。

 

 

で、どうなるの?

TwitterなどのSNSを利用する皆さんが気になるである部分だけを掻い摘んでご紹介しますね。

ネット上でのやりとりも犯罪の対象に!

基本的には、これまでのストーカー規制法にインターネット上でのやりとりも含まれるようになったわけですが、どの時点で法に触れるかと言いますと、ネットストーカーが以下の行為をおこなった時点で法に触れます

  • 拒んだのに、連続してSNSを用いたメッセージ等を送ってきた
  • ブログ、SNS等の個人のページにコメント等を何度もしつこく送ってきた

これ、結構ありふれていませんか?

僕も以前、Twitterで異常なほど執着され、拒否しても、何度も誹謗中傷のメッセージを送られたことがありますが、それが今後は犯罪の対象となるわけです。

ただ一点注意が必要なのは、あくまでストーカー規制法におけるストーカーの定義として『恋愛感情等充足目的』である必要があります。

すなわち、ストーカーが恋愛感情などの思いを満たす目的で何度もメッセージを送信して来ている場合のみ法律が適用されます。

だいたい当てはまるような気はするんですけどね。

(詳細は専門家にきちんと相談した方が良いです。)

 

当事者じゃなくても通報できるように!

さらに今回の改正のすごいところは、被害を受けている本人でなくても訴えることが可能になったということです。

(ニュースで書かれている『非親告罪化した』というのがそれを表しています。)

 

緊急時は、警察が早急に対応できるように!【※】

これまでは警察へ行くと、警察内部で一度訴えを引き受け、ストーカーに警告をおこない、警告をおこなっても改善されない場合はストーカーを呼び出して言い分を聞き(聴聞)、その上で尚問題があるなら「これ以上ストーキング行為をやってはいけない」という禁止命令を出す…、という流れだったのですが、それでは遅すぎて事件になってしまったのが『小金井市女子大生ストーカー刺傷事件』でした。

 

そこで、警告や聴聞を経なくても、警察からいきなり禁止命令を出せるようになります。

この改正もありがたいですね。

【※】2017年6月14日施行予定なので、まだ施行されていません。注意!

 

禁止命令の適用期間がきちんと決まった!

これまではきちんと決まっておらず現場判断になってしまっていた禁止命令の適用期間が1年間と決まりました。

これで、禁止命令が出れば1年間はネット上でのつきまとい行為をけん制できます

 

 

だいたいこの辺りが、みなさん気になるところだったかと思いますので、簡単にまとめさせていただきました。

 

ただ、僕は法律の専門家でもないですし、法律の知識が豊富なわけでもないので、気になる方はこの記事をきっかけにさらに調べて学んでおくと良いかと思います。

警察庁の公式資料はこちら

初詣で神様以外を詣でてみた

真面目な雑記

こんばんは。

昨晩彼女の家へ行って、今朝帰ってきたのですが、

SNSとかブログで言わないでね」

と念を押されたので、気を付けようと強く誓っているナナシロです。(言った)

 

突然ですが、僕は年中行事にほぼ興味がないですし、信心深くもありません。

殊、初詣はもっとも縁遠いイベントの一つです。

 

数年前まではなんとなく周りに倣って詣でることが多かったのですが、神頼みするものもないので、次第と足が遠のいていきました。

 

なので、今年も結局初詣へ行っておりませんし、これから駆け込みで行く予定もありません。

 

 

そんな僕が初詣について疑問に思うことがあります。

 

それは、なぜ神様を詣でるのか、です。

 

なぜ、皆揃って神社へ行き、御守りを買ったり、おみくじを引いたり、参拝したりするのでしょうか。

しかも、あえて激混みの中、並んでまで。

 

信心が強く、神様という概念を受け入れている方であれば初詣へ行くのも分かりますが、「初詣行こう~!」と友人や恋人を誘って行く人に限って、普段神様のことなど微塵も考えていない方が多いように思います。

 

それでも行くのは何故なのでしょうか。

 

もしかして、「夢を買っているんだ」と主張して、年末ジャンボ宝くじを買うような感じでしょうかね。

「とりあえず、神様という都合のいい存在になんとなくお願い事をしておけば、何か新年もいい方向へいいことになるんじゃないか」

と、そういう感じなのでしょうか?

 

あるいは、一年の初めとして自身の生活を改めて律するため神様へ誓いを立てている、ということも考えられそうですね。

(僕が元旦に更新した記事でも似たようなことに触れましたが。) 

 

nanashiro1988.hatenablog.com

 
なるほど。

うん。だとしても、そもそも神様を詣でなくても良いのではないでしょうか?

 

いえ、確かに神様って都合が良い存在ですよ?

夢を買いたくて参拝するのも、新年スタートと同時に自身を律するために参拝するのも、良いことだと思います。

そこを否定するつもりは毛頭ございません。

 

ですが、なぜ神様を?

 

…結局、そこが解せないので、僕は初詣をしなくなりました。

 

 

とはいえ、新年にかこつけて自分の生きる道を調律することは、自分の精神衛生上も必要なことだと思います。

やはり、ときどきは立ち止まって自分の歩む道を省みたり、どう進むか計画を立てることを欲することはあると思いますので。

 

だとすれば、例えば、自分の大好きな芸能人などを詣でれば良いのではないでしょうか?

 

追いかけているアイドルがいる、何かとドラマでチェックしている俳優がいる、というのであれば、そういう方を詣でれば良いのではないでしょうか?

 

新年最初の握手会で、アイドルの女の子に今年の抱負を語れば、アイドルの子はもちろん素敵なスマイルで「応援していますね!」と言ってくれると思います。

神頼みより一層霊験あらたかな気がしますがいかがでしょうか。

 

あるいは、もっと身近なものを詣でても良いのではないでしょうか。

 

例えば、愛する者。恋人などのパートナー、あるいは、親や子。

神といった概念ではなく、そういう人たちを詣でるのはいかがでしょうか。

 

詣でるのに特別なことはいりません。

言葉ですらいりません。

 

ただ、心の中でこの先1年間のことを思い浮かべながら、強く胸に刻めば良いと思います。

 

***

私は今年、斯くのように生きていきます。

 

今、あなたの前で、それを誓います。

どうか見守っていてください。

***

 

そう誓えば、どれだけ強い力になるか。

 

そしてお賽銭の代わりに、その愛する者を抱きしめれば良いと思います。

「これまでありがとう。これからもよろしく」

そう表現すれば良いのです。

 

抱きしめて誓う。

これが僕の提案する新しい初詣のスタイルです。

 

なお、僕はというと、冒頭でも言いましたが、彼女を初詣してきました。

初詣で何をお願いしたかは秘密です。

 

なんかいやらしいですね。

 

というわけで、彼女から

SNSとかブログで言わないでね」

と念を押されたため、改めて気を付けようと強く誓うナナシロでした。(また言った)

 

 

 

[追記]

おや…、LINEの通知が鳴りやまないな…。

『さん付け』すれば世界は平和になる

ふざけた雑記

ブログに不慣れすぎて、開始二日目にしてネタを探すのに、

「ネタ…、す、寿司…、カ、カ…、カリフォルニアロール…」

と連想ゲームを始めてしまったナナシロです。

 

皆さん、三が日いかがお過ごしでしょうか?

僕は、添い寝屋の長野出張を終え、現在バスに乗って帰宅中です。

 

さて、本題ですが、皆さん『さん付け』についてどのようにお考えでしょうか。

『さん付け』とは、誰かの名前を呼ぶ際に「〜さん」と付けて呼ぶことを指しており、親愛の情や敬意を表すもっとも簡易な表現のうちの一つなわけですが、皆さんは「〜さん」をどういうときに使いますか?

 

まずパッと思い浮かぶのは、年上の方の名前を呼ぶときですね。

例えば親戚のおばさんや学校、職場の先輩などに適用できます。

 

「〜様」と比べて、慇懃無礼にならず、且つ、ナチュラルに敬意を示せるので頻繁に使用する印象です。

 

また、知り合って日が浅い人を呼ぶときに「〜さん」を使うことも多いように思います。

初対面の人が多いパーティーや、就活のグループ面接、合コンなんかがそうでしょう。

 

初対面の相手はどういう距離感で接するべきか分からないことが多いので、敬いすぎず砕けすぎずなこの表現は、非常に使い勝手が良くて重宝しますよね。

 

このように『さん付け』は、我々が…

おや、どこからか歌が聴こえてきますね…。

……

♪これくらいの

♪おべんとばこに

♪おにぎりおにぎりちょっとつめて

♪きざみしょうがにごましおふって
♪にんじんさん
さくらんぼさん
♪しいたけさん
♪ごぼうさん
♪あな〜のあいたれんこんさん
♪すじ〜のとおったふ〜き!
……

このメロディー…。この歌詞…。

全てを理解した次の瞬間、僕は膝から崩れ落ち、涙が頬をつたっていました。

園児たちが騒々しく走り回っている音、きゃっきゃとじゃれ合う声、ところどころ靄がかっている幼い記憶の断片。

先生が手を叩きながら何事か言うと、方々で遊んでいた園児たちは徐々にお行儀よくまとまっていきます。

「ねぇ、おうた、いっしょにうたお!」

ゆりえ…ちゃん…。

僕の淡い記憶の中で生き続けていた天使が、微笑みながら僕の手を握り、園児の輪の中へ誘います。

 

先生があの音楽を再生し、僕らは大きく口を開けて歌います。

そして、軽やかな音符たちと手を取り合って、野菜たちが躍動します。

 

♪にんじんさん

さくらんぼさん

♪しいたけさん

♪ごぼうさん

♪あな〜のあいたれんこんさん

僕は…、ようやく目が覚めました。

 

最近ブロガーの友人が増えたことで感化されて始めたナナシログ。

 

先輩ブロガーの方々の御記事を参考に、『さん付け』の使用の是非について問おうと書き始めたこの記事。

「人のためになる記事を書こう」と屈託のない気持ちで書き始めた…、この記事。

そう、あの歌が聴こえてくるまでは…。

 

 

所詮は僕も、TOKYO生まれコンクリートジャングル育ち、人間中心主義に塗り固められた哀れな小市民。

エヴァンジェリストな諸先輩方の一フォロワーでしかない僕が、人間のための記事なんて書いたところで、二番煎じも甚だしいのです。

 

…あの頃の僕らは、生きとし生けるものに圧倒的感謝をしていました。

 

にんじんさん、ありがとう。

さくらんぼさん、ありがとう。

しいたけさん、ありがとう。

ごぼうさん、ありがとう。

れんこんさん、もし君に穴が開いていようといまいと、僕は君に感謝をしているよ。

ありがとう。

 

ブログさん、インターネットさん、iPadさん、キーボードさん、ありがとう。

長野県さん、松本市さん、お土産のリンゴさん、ありがとう。

ハイウェイバスさん、アルピコ交通さん、バスタ新宿さん、ありがとう。

小春日和の太陽さん、冬のピンと張った空気さん、キンと冷えた水さん、ありがとう。

 

全世界さん、全概念さん、全存在さんよ、ありがとう。

僕らが願えばどんな日だってリバースデイさ

ふざけた雑記

こんにちは、ナナシロです。

みなさん、元旦いかがお過ごしですか?

 

僕は今(執筆時)、添い寝屋の出張で長野は松本行きのバスの中にいます。

バスの中が快適なので、思いつきではてなIDを取得し、徒然なるままに記事を執筆し始めました。

 

年が明けて2017年になりました。

猿が去っていき、鳥が飛んできました。

 

『初日の出』…はもう終わりましたが、これからしばらくは『初詣』や『初夢』といった『初』なイベントが続くかと思います。

 

なんとなく清々しい気持ちになりますね。

去年の穢れを全て置いてきたような、身も心も清まったような気持ちなのは、皆さんも同じなのではないでしょうか?

 

ところで、毎年、年末年始になるたびに僕は疑問に思うのですが、カレンダーさえ見なければ何の変哲もない日である1月1日が、なぜこうも清々しく感じられるのでしょうか。

 

別に12月1日に清々しさを感じても良いですし、2月1日でも良いはずです。

いっそのこと、7月14日や10月26日といった日に生まれ変わるような気持ちになっても良いはずです。

 

なのに、なぜ1月1日なのか。

 

それは、僕ら人類が、現在採用している暦の中で、1年というスパンの始めの1日と位置付けられた1月1日を特別な日であるとみなし、それに合わせた特別な行動をわざわざとっているからではないでしょうか。

 

つまり、たまたま1月1日が特別だと決まり、その日に相応しい特別な思考や行動をおこなっているから特別なように感じるだけなのではないか、と僕は思うのです。

 

1月1日の前には大晦日があり、日本の文化ではそれまでに大掃除をおこないます。

大掃除をおこなうことで、等閑となっていたものを捨てたり、無為に続けてきた習慣を止めたりします。

それも全て、1月1日を、あらゆることを刷新し生まれ変わるのに相応しい日『リバースデイ』として機能させるためにおこなう特別な行事です。

 

初日の出と言って、寒い中、山を登って日の出を見に行くのも、初詣と言って、普段行くこともない神社に参拝するのも、全ては1月1日をリバースデイたらしめるためなのです。

 

僕らはリバースデイに合わせて様々生まれ変わろうとするわけです。

今年こそはダイエット成功させるぞ、日記を毎日つけるぞ、仕事で成果を出すぞ、彼氏を作るぞ、そう意気込んで生まれ変わろうとします。

 

もちろん、思うだけでなく行動に移しもします。

毎朝近所の公園をランニングをするという新しい習慣を始めたり、買っておいた真新しいほぼ日手帳にあえての万年筆で日々の所感を書き入れ始めたり、あるいは、僕のように、はてなブログを始めたり。

 

僕ら人類は、そうやって1年に一度リバースデイを設定することで、それ以前の悪夢を引きずらず、清々しい気持ちで生まれ変わることに成功しています。

 

 

そこで、僕はふと考えました。

 

オリジナルのリバースデイをたくさん作れば、生まれ変わりまくりなのではないか?と。

 

例えば、毎月1日は元旦と同じように扱うことにしてはどうでしょう。

そして、毎月末に大掃除をおこない、毎月初に初詣をするのは?

 

大切なことは元旦が増えたからといって手を抜かないことです。

どうせ毎月迎えるんだから、十二分の一の労力の大掃除、十二分の一の願いを込めた初詣で良いではないかと言う人もいるでしょう。

 

言語道断です。

 

それでは、リバースデイの特別性が薄まってしまうではないですか。

「週末でリフレッシュ」と同じ軽薄さではいけません。

 

バカップルの『付き合って◯ヶ月記念』も、

「記念日だね♡」

「そうだね♡愛してるよ♡これからもよろしくね♡」

では、薄すぎるのです。

イオンのお客様感謝デーですか。

 

世の中のバカップルはどうせやるのであれば、毎月、年末大セール並みに記念日を祝うべきなのです。

 

初めて出会った場所、初めてデートをした場所、初めてキスをした場所を順々に巡り、最後は、初めて性行為をおこなった場所で、ハッピーリバースデイの歌を歌いながらまぐわう。

 

これこそが、オリジナルのリバースデイを設定するということだと僕は思います。

 

例として挙げた話が本筋をオーバーラップし、収拾がつかない気がしてならないので、この辺で筆を置かせていただこうと思いますが、僕がこの記事で言いたかったことはたった一つ。

 

僕らが願えばどんな日だってリバースデイさ。

はてなブログ始めました。

初めまして。ナナシロです。

 

ついにはてなブログ始めました。

 

ナナシロが思っていることを軽妙洒脱に書いていければと思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。